ピクシーQへのクリスマスプレゼント・2007

プレゼント内容
・黒耀石のペンダント
・Qへの手紙


画:那限逢真

設定
那限逢真が所有する黒耀石の首飾りとほぼ同形の首飾り。
磨き上げられた円盤状の黒耀石と枠・革紐から成るシンプルな代物。
市販品ではなく、全て手製の品。
当然だが、黒耀石を鏡のように磨き上げるのには相当の労力を要する。

“識継”(厳密には“那限逢真”)は、総じて黒耀石の装飾品を身につけている。
多くの場合が首飾りであるのは作製と補修が比較的楽なためである。
大抵は磨き上げられ、黒耀石で出来た鏡のようになっている。
これは一族の証である同時に、お守りとしての意味合いも込められている。

当たり前の話だが、大きさはピクシーQのサイズに合わせて作製されている。

/*/

【Qへの手紙】
ピクシーQへ。

Qたちにクリスマスっていう習慣があるのかな?
オレたちの習慣に、クリスマスっていうイベントがある。
12月24・25日にあるお祭りで、恋人や家族に贈り物をするのが習慣なんだ。
だから、オレもQにプレゼントを贈ろうと思う。
本当は服を贈ろうかと思ったけど、それはオレの腕がもっと上がった時にする。
まぁ、だからと言ってこういう装飾品をQが喜ぶかどうかは不安だけど。

ペンダントはQのお守りになるようにと思って作った。
黒耀石の装飾品は代々お守りとして作ってきたから、少しは作れるからね。
Qは幸運を分ける為に頑張りすぎて大変な目に遭う事もあっただろ?
だから、Qが酷い目に遭わないようにお守りを作って贈ることにしたんだ。
もし気に入ったようなら、つけてくれると嬉しい。

那限逢真より。


追伸
やっぱり、普段一緒にいるのに手紙を書くって言うのも変な気分だな。
Qは読んでてどんな気分だった?

/*/

お返事来ましたので転載します。

0000565:那限逢真・三影:天領
渡す相手:ピクシーQ:藩国非滞在
メッセージ:
メリークリスマス、Q。はい、これ。クリスマスプレゼント。
プレゼント:
http://nakagiri-ouma.at.webry.info/200712/article_4.html

返事:
Qは嬉しそうに黒曜石つけて飛びながらダンスを踊ってる。
文字のほうはよめてないようだ。